犬のグルーミングの秘密!やり方や必要な道具とは

犬を抱いている医者

犬はもちろん、飼い主が一緒に暮らす上で快適に過ごせるように施すペットの身体のお手入れがグルーミングです。体温調節や衛生面など体調管理に加えて、ペットとのスキンシップを取る大切な時間でもあります。なおグルーミングについて触れる時によく登場するトリミングとは、被毛のカットを指す用語であり大きな意味ではグルーミングの一部とも言えます。

グルーミングにはいくつかの種類があり、行う理由やその方法・必要な道具を1つずつ見ていきましょう。大切なお手入れのひとつに、爪切りが挙げられます。歩行や走行時に4本の足は必ず使うため、爪が長く伸びていると妨げになったり、爪が折れて出血する可能性があるからです。特に前足の内側の高い位置に生えている狼爪は、散歩などで自然に削れることもないため人の手で切除する必要があります。

使用するのは人間用のものではなく、ホームセンターなどで販売されている犬用の爪切りです。平面になっている部分を親指で、可動部分を残りの4本指で支えて使用します。一気に切るのではなく、複数回に分けて切ると爪の先が丸くなるので、抱っこしても痛くなくおすすめです。伸び過ぎて丸まっている爪に対しては、ニッパータイプのものを使用しましょう。

犬のお尻の穴付近にある肛門腺も、排泄をスムーズにしたり病気を予防するためにお手入れが必要です。同様に衛生面・体調管理のために、耳掃除も必須となります。耳に関しては、人間と同じように綿棒を使うと良いです。トイプードルなど耳毛が生えている種類に関しては、通気性を良くするために耳毛を抜いたりカットする必要があります。こちらも、専用のハサミや毛抜きを用意すると良いでしょう。

抜け毛を排除したり被毛の汚れを落とし清潔に保つために、ブラッシングはできるだけ毎日行うことをおすすめします。マッサージ効果や血行促進などの健康維持や、腫瘍や付着したマダニの発見など病気予防にも役立ちます。道具はスリッカーブラシが便利で、アンダーコートのある犬種の下毛の除去に対して大活躍するアイテムです。長毛種に関しては、ピンブラシを使用するとスムーズです。

ブラッシングの際、コームも併用するとより快適にお手入れできます。ブラッシングの後にコームをかけることによって、毛玉や毛のもつれを確認できるからです。ただし注意点として、毛玉は強く引っぱらないようにしてください。シャンプーは基本的に月2回が目安となります。先にブラッシングをかけておいて、余分な毛を除去してから行うとさらにお手入れがしやすいです。