犬も歯周病にかかる!デンタルケアの方法とポイントとは

犬の場合人間とは異なり虫歯はそれほど多くなく、歯のトラブルは歯石の蓄積によって起こる歯周病がほとんどです。口腔内が弱アルカリ性であることに起因しており、酸性を好む虫歯菌が発生しにくいからとされています。歯のトラブル予防策・デンタルケアは、歯石を蓄積させないことが中心です。

歯に付着した細菌が増殖し、蓄積されることによりプラークつまり歯垢が形成されます。放置することにより唾液に含まれるカルシウム成分が結合して歯石となるため、唾液が分泌される臼歯付近において歯石が特に多く発生するのです。歯垢の状態であればブラッシングなどによって除去可能ですが、歯石に発展すると簡単には除去できません。歯垢・歯石の中には多くの細菌が常駐するため歯肉炎・歯周炎を引き起こし、毛細血管を伝って菌が血液中に入り込むと心臓病の原因ともなります。

歯石に発展する前に、ブラッシングで取り除くことが重要です。ただし多くの犬は口の周りを触られるのを嫌がるため、トレーニングを繰り返して徐々に慣れさせる必要があります。トイレと同様に、小さい頃から実施しておくのがベストです。

いきなり歯ブラシを口の中に入れても抵抗されるだけなので、ドライフードなどのおやつを用いて、口の中を触られること自体に慣れさせることから始めましょう。握った手の中のおやつを食べさせて、歯や口を触ります。おやつを持った手とは反対側の手で、唇をめくります。しっかり待つことができたら、犬をたくさん褒めてあげることが大事です。

口に触られることに慣れたら、次は歯ブラシに慣れてもらいます。犬用の歯磨きジェルを塗り付けた歯ブラシを、おやつに夢中になっているタイミングで優しく歯ぐきに当てるのがポイントです。ちゃんと我慢できたら褒めて、他の歯にも触れるという動作を繰り返します。コツとしては落ち着かない時は遊んだりして発散させること、嫌がったら即座にやめることが大切です。犬は虫歯になりにくいので、このようにおやつを与えながら歯に当てるトレーニングを根気よく続けるようにしてください。

デンタルケアはトイレトレーニングのように、粘り強く続ければ必ず身に付く習慣です。トイレは飼い主と一緒に暮らす上で衛生面で非常に大切な習慣ですが、デンタルケアは犬の健康や寿命を守る上で大切なものとなります。トレーニング中は歯をきれいにしようと無理矢理押さえつけたりせずに、嫌がったらすぐに中断するようにしましょう。深追いせず、翌日に仕切り直しという風に気長にチャレンジすることがポイントです。