通販でも購入可能の薬で犬のフィラリア予防!

可愛い犬

犬糸状虫症とも呼ばれるフィラリアは、犬の命をおびやかす危険な病気です。蚊を媒介として既に感染している犬から、その血液を通して感染します。血液中に潜んだ幼虫が体内を移動し、半年ほどかけて成長することで心臓や肺動脈に寄生してさまざまな異常・疾患を引き起こすという症状です。感染初期は無症状であることが多く、やがて疲労や咳が出やすくなり末期になれば腹水・黄疸や血尿、呼吸困難・失神といった症状が現れ始めます。

一般的には予防期間中に、予防薬を投与することが一番の対処法です。寄生虫が成長してしまうと駆虫薬の注射や、切開手術での除去など犬の身体に大きな負担をかけてしまいます。投薬の際には副作用が発症することがあるため、薬を投与する前にフィラリア感染の有無を検査することが必要不可欠であることを覚えておいてください。

対象となる期間は、蚊が活動する6?11月の間です。毎月1回、1ヶ月の間隔で投与することで確実に予防することができます。予防薬という名がついているものの、幼虫が体内に入り込んでいる状態で投薬して成虫になる前に殺虫することが目的の薬です。途中で中断したり、飲むことを忘れてしまうと感染の危険性が高まるため注意してください。

予防薬は動物病院で診察を受けて処方してもらう他に、個人輸入通販で購入することで入手が可能です。海外医薬品であるため国内のドラッグストア・薬局などで購入することはできませんが、国の認可は出ているため輸入することができます。一般的にはあんしん通販マートのような、輸入代行業者に依頼して購入するケースが多いです。インターネットの接続環境さえあれば、通常の通販サイトと同様に注文できます。24時間いつでも注文できるため、忙しくて病院に連れて行く時間がない方でも便利です。

予防薬には錠剤タイプやチュアブル(おやつ)タイプの他に、背中に垂らすスポットオンタイプもあります。愛犬が薬を飲むのを嫌がる場合はスポットオンタイプを購入すると良いでしょう。通販サイトでは輸送・配送中の事故による内容物の破損、注文した商品と異なる場合においての保証もあるため安心して利用できます。ただ感染していない状態で投薬すると副作用が出るおそれがあるため、必ず個人輸入サイトで購入する前に一度動物病院の診察を受けておくことを強くおすすめします。正しい期間に正しく投薬して、フィラリア症を確実に予防するようにしましょう。